腎臓病に有効的な食事を知りましょう~パクパク健康術~

シニア

腎臓を守る食事とは

和食

腎臓病は老廃物の除去や電解質のバランス調整などをつかさどる腎臓の機能が低下する病気です。症状の進行を抑え、腎臓に負担をかけないためには食事療法が重要となります。基本は低タンパク及び減塩ですが、具体的には医師の指示に従うようにします。

自分で治すには

和食

基本とポイント

腎臓病を治すには、食事療法が効果的です。食事療法を行うにはそれぞれの症状に合わせて医師の指示に従って行うようにします。腎臓病の食事療法では、まずたんぱく質を摂取しすぎないようにします。たんぱく質は肉や魚の他に米やパン、くだものや野菜にも含まれていて取りすぎると尿素窒素やクレアチニンの排出が多くなるために腎臓に大きな負担となります。次にエネルギーが不足しないように注意するようにします。エネルギーが足りなくなると体内の尿素窒素が増えるのでたんぱく質を多く摂取したときと同じ状態になるのです。サラダやマヨネーズなどの油分は少ない量で多くのカロリーを摂取できます。又腎臓のナトリウム排泄力が落ちているので塩分も控えめにします。他には血液中のカリウムが多くなるとカリウム制限を受けることがあり、バナナやメロンを食べるのは控えます。そして腎臓病の症状によっては、水分を制限することもあります。

疾患ごとの違い

腎臓病の食事療法は個々の疾患によって押さえるポイントが違っているので、医師の指示を仰ぎながら行います。まず糸球体腎炎の場合は、たんぱく質の摂取を控えめにしてエネルギーを十分に摂るようにします。しかし高齢者や太っている方は、控えめにします。食塩や水分は症状により制限します。ネフローゼ症候群の場合もたんぱく質は控え目でエネルギーは摂るようにしますが、水分制限はあまりしないようにします。腎不全では、たんぱく質の摂取は避けその分エネルギーは十分に摂るようにします。食塩は1日7グラム以下にして、水分は浮腫や尿の量によっては制限し、カリウムやリンも状況に応じて制限を受けます。そして医師の指示と管理栄養士の具体的な指導を受けて、治療用特殊食品などを活用すると効果的です。

血圧の正常化は食事から

男性

血圧が高いことは血管や心臓などに係る深刻な病気を引き起こす原因となります。健康診断で高血圧と診断された場合は、食事療法を中心とした血圧を下げるための努力が必要です。特にポイントとなるのが、塩分を控えることです。

安心な流動食なら

シニア

クリニコは、食べやすい病食、流動食を開発、販売しています。飲み込む力が弱い方にも安心して食事ができるよう配慮されています。クリニコの医療食は、とろみ付けなどをして飲み込みやすく、水分も摂れるようになっています。